読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【"王道"故に最強】早稲田プレ英語全国1位が語る、大学受験における本音

勉強法?効率?その前に、勉強時間は足りているのか?本気で挑む姿勢は整っているか?ラクをすることを追い求めるな。1分1秒を無駄にしないぐらい、徹底して勉強しろ。まずはそこからスタートだ。

【※暴露します※】「たったの1カ月で偏差値10上がる」ってホント?ウソ?

 

 

こんにちは!KENです!

 

 

最近、Twitterやブログなどで

「ある勉強法を1日30分続けたら、3か月で偏差値40→70」
「極秘勉強法で、たったの1カ月でE→A判定」

みたいなフレーズが多いですね。

 

 

今回は、そんな

胡散臭いフレーズの実態について

お話し、、、というか、

暴露させていただきます。

 

f:id:head-on-juken:20170329173800g:plain

 

 

 

 

まずは、結論から言いましょう。

 

実際にそんなウマい話が

あるかないかで言いますと、、、

 

「ない!」とは言い切れない

 

といったところでしょう。

 

 

正直、

かなりのグレーゾーンなんです(笑)

 

 

 

まあ、今回の記事の冒頭で出して例を元に

詳しくお話ししていきます。

 

 

 

「ある勉強法を1日30分続けたら、

3か月で偏差値40→70」

 

例えば、英語でこういった場合は、

次のようなトラップが隠されています。

 

ただ、気を付けてほしいのは、

仮に、「ある勉強法=音読」とするならば、

 

音読だけを1日30分して、

3か月で偏差値40→70

 

ではなくて!

 

音読を1日30分、それと、

単語の暗記や文法集も含めて、

3か月で偏差値40→70

 

というケースがほとんどです。

 

 

まりは、1日30分というのは、

最低限のノルマに過ぎないわけで、

むしろ、それ以上の勉強時間は

対必要と言っているようなものです。

 

 

こういったフレーズに

騙されないでほしいのもありますが、

 

自分が勉強に費やした時間は、

本番での自信にもつながりますので、

 

変にラクをしない方がいいですね。

 

f:id:head-on-juken:20170329173835j:plain

 

 

 

 

 

「極秘勉強法で、

たったの1カ月でE→A判定」

 

さて、実を言うと、

これも全くのウソではないんです。

 

ただ、このフレーズにも

危険なトラップは当然隠されているわけです。

 

 

例えば、12月の模試でE判定でも

1月の模試でいきなりA判定というのは、

あり得る話ではあるのです。

 

かし、それは、

12月から勉強を始めたというわけではなくて、

 

12月までずーっと勉強し続けて、

溜め込んだ知識が、チカラが

1月に一気に発揮されて、A判定を取れた

 

といった、成長曲線の理にかなった

ごく当たり前の成績の上がり方なのです。

 

 

また、もし、そのフレーズの中に

"極秘勉強法"などのワードがあれば、

 

12月までは他の勉強法で、

12月から勉強法を切り替えたら、

成績が上がったというだけの話しです。

 

要は、ため込んでいたものが

その短期間で爆発しただけ

という当たり前の話なのです。

 

 

f:id:head-on-juken:20170329173853j:plain

 

 

 

て、2つの甘~いフレーズ

実態についてお話ししましたが、

 

さらに、これらの2つには

共通した更なる真実があります。

 

 

それは、、、

 

この通りの結果を出せた人は

ごく僅かしかいないということです。

 

 

この勉強法を実施した全員が

このような結果を出せるように

書かれていますが、

 

実際は、成功した一人の一例を

上げているに過ぎないのです。

 

 

気を付けてほしいのは、

誰でもできる≠全員出来る

ということです。

 

 

もしかしたら、確かに、

誰でも可能なことかもしれませんが、

 

結局は、徹底してやり込んだ一部の人間しか

このフレーズ通りの成功を収めていないのです。

 

 

 

 

 

 

しかしたら、今のあなたも、

こんなラクな勉強法を求めたり、

「勉強は効率だ!質だ!」なんて

考えているかも知れません。

 

 

 

無駄!無駄!無駄!

 

 

 

最初からラクすることを考えていて、

上手くいくなんて思わない方がいいですよ。

 

 

とにかく勉強しましょう。

行動を起こしましょう。

 

勉強法や効率考える時間なんて

なくなるぐらいに行動しましょう。

 

効率の良し悪しなんて、

量をこなさないとわからないです。

 

 

本気で受かりたいなら、

本気で挑む姿勢から入りましょう。

 

 

 

 

最後までご覧いただき、

ありがとうございました