【"王道"故に最強】早稲田プレ英語全国1位が語る、大学受験における本音

勉強法?効率?その前に、勉強時間は足りているのか?本気で挑む姿勢は整っているか?ラクをすることを追い求めるな。1分1秒を無駄にしないぐらい、徹底して勉強しろ。まずはそこからスタートだ。

【合格のための思考術】「〇〇を△△に変える」が大学受験における必勝パターン!

 

んにちは!KENです!

 

 

 

今回お話しするのは、

期間が限られている大学受験で

 

題集の攻略の仕方について

もっとも重要な考え方です。

 

 

 

この考え方を持っていない受験生は

逃れられない落とし穴にハマって、

 

第一志望どころが、

第二、第三志望の大学さえも

落ちてしまいます。

 

 

 

そんな、

あなたの不合格を決定づける

その落とし穴にはまることで、

あなたを勉強できる"つもり"にさせて

 

苦手を克復できなくなってしまい、

成績は一向に上がらないのです。

 

 

 

そして気が付けば、

 

周りはD判定、E判定

模試で結果を残す中で、

 

あなただけ、いつまでも

E判定の底なし沼から抜け出せません。

 

この落とし穴にはまった受験生は

 

滑り止め大学に受かるのが

やっとになってしまいます。

 

 

 

かし、一方で、

問題集を正しい考え方を進めれば、

 

この地獄の落とし穴から逃れて、

あなたは1冊の問題集だけで、

 

周りの受験生の3倍以上のチカラ

つけることができ、

 

今のあなたの学力では

無理と言わざるを得ない難関大にだって

合格することができるようになります。

 

 

では、そんな問題演習において

最重要とされる考え方とは何か?

 

 

 

それは、

 

できない」問題を

できる」ようにする

 

 

ということです。

 

 

 

ほとんどの受験生は、

問題を解き終えた時に

 

「どれだけ正解できたか」

 

が大事だと考えます。

 

 

しかし、

出来る問題をいくらと解いても

試験での点数UPには繋がりません。

 

 

 

 

今は「できない」問題でも、

 

次の模試までに、入試本番までに

できる」問題に変えていくことで

 

入試本番で合格点を

達成することができるのです。

 

 

 

つまり、

 

問題集を何周したか

全ての問題が「できる」ようになったか

 

という考えに基づいて

問題集を進めていく必要があります。

 

 

 

今日のワーク

 

さて、

すでに解き終えた問題集の中に、

 

完璧にしていないけど、

一通り解いただけで終えてしまった

 

そんな問題集はありませんか?

 

 

その問題集から

ランダムで5問抜粋して、

その問題を解き直してみましょう。

 

 

 

 

きっと、解き終えた問題集の中に

まだ解けない問題が隠れています。

 

 

 

 

問題集を1冊ずつ完璧にしていく。

 

この「できない」を減らしていくことが

 

あなたの第一志望合格を

実現させてくれるでしょう。

 

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

受験コンサルタント KEN